LIVER FS-50A & LIVER FS-50A Deluxe 

  • クリックで画像を表示

    右:50A

  • クリックで画像を表示

    右:50A

  • クリックで画像を表示

  • クリックで画像を表示

    50A

  • クリックで画像を表示

    50A DX

  • クリックで画像を表示

    50A DX

64,800円
注文数:




・・・・・・・・・・・・・・・

1、 LIVER FS-50A ¥60.000+tax.


私たちのあこがれをFSリールで表現してみました。

対象のメーカーは、良き時代のフルーガー社です。

26002800。シュープリームなどの名作をイメージし、

私たちのできる限りの手間を使って表現しました。

ここ数年は、磨ける部分はすべて磨くというスタンスでした。

今回は、サイドカップの部分をヘアライン仕上げにしました。

この部分においてもヴィンテージのフルーガーリールを意識しました。

専門の職人にお願いするときれいになりすぎるのです。

あえて、ブライトリバーの工房で仕上げております。

少し強めに、憧れたフルーガーのイメージに近づけるために

手仕上げで作業をしました。

星型ドラッグを採用し、黒とシルバーで仕上げたのも

フルーガー26002800のイメージを踏襲したからです。

MADE IN JAPANの誇りをもって古いアメリカンリールを

表現する。

実にブライトリバーらしいリールに仕上がりました。

70台限定。

 


2LIVER FS-50A Deluxe  \80.000+tax.


私たちのあこがれをFSリールで表現してみました。

対象のメーカーは、良き時代のシェイクスピア社です。

私が20年以上前に、アメリカのトーナメントキャスターから

譲り受けたTOURNAMENT1740というリールがありました。

トーナメントキャスティングを楽しむための専用モデルです。

その目的の潔さからでしょうか。とても惹きつけられました。

いつか作りたいと思うようになりました。

トーナメント1740の質感を出すために素材から見直しました。

アルミでは同じような質感が出なかったのです。

結局、ステンレスの塊からサイドカップを削り出すという方法に

なりました。ベースとなったリールの構造を変えることに

なるのですが、五十鈴工業さんより設計図を提供していただき、

京都のフライリールメーカーであるKINEYAさんの協力を得て

作ることが出来ました。

サイドカップのリムに注目してほしいと思います。

この細いローレット(ギザギザ)は、トーナメントの雰囲気を

出すために欠かせないものですが、加工は、とんでもなく

難しいのです。

たくさんの壁を超える必要があったリールのため、どうしても、

言葉が多くなってしまいますが、カッコいいと思っていただければ

手に取っていただければ、と思います。

とてもシンプルなイメージの出来上がりとなりましたが、

このボディーに込められた私たちの思いは本当にウザイほどのものです。

ステンレスという重い金属を使用したため、F-50Aよりも重くなりました。

しかし、ABU2500Cのパワーハンドルバージョン程度の重さです。

違和感を感じるものではありません(個人差があるはずです)。

多くは作れず、30台の発売です。





カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索